格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」

北海道エアシステムのメリットやデメリットとは?北海道エアシステムについてご紹介します! - 手荷物のサイズと重量の規定

アーカイブ

格安航空券のチケットをゲットしよう

手荷物のサイズと重量の規定

北海道エアシステムでは、利用の際に手荷物を預ける事が出来ます。
どこの航空会社でも手荷物を預ける事が出来ますが、LCCのように有料と言うわけではありません。
北海道エアシステムの場合は、ある程度の規定の大きさや重量を超えると、手荷物としての預かりは出来ない事になっており、その場合は、別の貨物としての扱いになる事があるようです。

北海道エアシステムの手荷物の可能サイズと重量

先ず、機内に持ち込める手荷物のサイズと重量では、縦35センチ以内、横45センチ以内、奥行き20センチ以内と規定されています。
そして重量は10キロ以内と定められていて、このサイズの範囲内の手荷物でも出来るだけ預けるよう促しています。
その理由としては、北海道エアシステムの機種は小型なので、機内も決して広々とはしていないからです。
縦と横、奥行きの合計が100センチ以内の荷物は、荷物棚か座席下に収納する事も推奨しています。
次に、預ける手荷物のサイズと重量では、大きさは、縦120センチ以内、横60センチ以内、奥行き、50センチ以内と規定されています。
また重量は20キロまでとなっており、20キロを超える場合は別途料金がかかるとされています。
また、1人あたり、45キロを超える荷物は、手荷物としては預かる事が出来ないとしており、その際には別の扱いとなるようです。

手荷物の可能サイズと重量のまとめ

北海道エアシステムでは、機内に持ち込める荷物と、預ける荷物に分けてサイズと重量を規定しています。
それらの規定に沿わないような大きな荷物、20キロ以上の荷物に関しては、別途料金が発生する事になっています。
出来るだけ、荷物はコンパクトにしておいた方が、利用する側としても、北海道エアシステムとしても良いと言えます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」All Rights Reserved.