格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」

北海道エアシステムのメリットやデメリットとは?北海道エアシステムについてご紹介します! - 北海道エアシステムは、JALグループの一員

アーカイブ

格安航空券のチケットをゲットしよう

北海道エアシステムは、JALグループの一員

北海道エアシステムは、格安航空券を発行しているLCCと間違われる事が多いようですが、全く別の航空会社で、北海道エアシステムは、JALグループに属する航空会社です。
JALグループに加わる事によって、様々なメリットが生まれ、北海道のフライトが利用者にとってとても便利なものへと生まれ変わる事になりました。

北海道エアシステムは、JALグループの一員

北海道エアシステムは、JALグループに加わる事によって、次のような路線の運航を開始する事が出来る様になりました。

・札幌=利尻
・函館=奥尻

いわゆる離島路線を含んだ北海道民にとってとても重要なネットワークを担うようになったのです。
他にも青森県の三沢からの路線もありますので、非常に便利に利用する事が出来ると言われています。
北海道エアシステムがJALグループの一員に加わる事で、JALが持っている販売チャンネルやそのノウハウを活用する事が出来る様になり、物販の促進や、経営力の強化を図る事が出来る様になりました。
北海道は日本の中でもとても広いエリアなので、飛行機での移動が非常に便利です。
フライト時間としては短くても、それでも移動する距離は膨大な距離です。
その部分に着目してJALグループの一員になった事は非常に利便性に富み、有益であると言えるでしょう。
しかし雪の多いエリアなので欠航となる事が多いのも難点であり、その点は今後の改善が期待されるべき点でもあります。

北海道エアシステムは、JALグループの一員のまとめ

業界最大手の航空会社JALのグループに加わる事でコードシェアはもちろん、その他のサービス向上への道しるべが確立されました。
様々な分野で北海道での航空機の利用が当たり前に盛んとなるように、今後の動向から目が離せない事でしょう。

関連する記事

Copyright(C)2016格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」All Rights Reserved.