格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」

北海道エアシステムのメリットやデメリットとは?北海道エアシステムについてご紹介します! - 北海道エアシステムでのチェックインの流れと特徴

アーカイブ

格安航空券のチケットをゲットしよう

北海道エアシステムでのチェックインの流れと特徴

北海道エアシステムを利用して北海道のフライトを楽しむ場合、気になるのはチェックインの時間や案内についてではないでしょうか。
北海道エアシステムは小型機ですので、日本の主要空港との違いがあるのかもしれないと思う方もいらっしゃる事でしょう。
北海道エアシステムでのチェックインについてまとめてみました。

北海道エアシステムでのチェックインについて

事前の航空券予約が済んだ方には、最終ご案内書と言うものが送られてきます。
これはメールの場合もありますので、大切に保管する事が重要です。
チェックインの際には、出発空港に到着後、出発時間の20分前までに北海道エアシステムの国内線の自動チェックイン機でチェックインをする必要があります。
このチェックイン機で搭乗券を受け取る場合には、前述した最終ご案内書に記載されている航空会社予約番号(6桁の英数字による番号)が必要になります。
それが無いとチェックインの前に足止めを食らう事になりますので、必ず準備しておくようにします。
チェックインが終了すると、搭乗券を受け取り、出発15分前までに保安検査場(セキュリティーチェック)を通過する必要があります。
これらのステップを完了する事でチェックインが完了し、あとは利用する便の搭乗ゲートへ向かう事になります。

北海道エアシステムのチェックインについてのまとめ

北海道エアシステムでのチェックインについては、さほど難しい事は無く、航空会社予約番号があれば、チェックインを済ませる事が出来ます。
ですが奥尻空港では保安検査場が設置されていないので、保安検査員が全ての手荷物を開けてチェックするので、その点の違いに関しては、予め理解しておく事が必要になります。

関連する記事

Copyright(C)2016格安航空会社「北海道エアシステムの特徴」All Rights Reserved.